【楽天カードを2枚もつ意味ってある?】新カードデザイン!2枚目の楽天カードを作るメリットと利用出来ない組み合わせ

クレジットカードでお支払い

最近楽天カードのデザインが新しくなりました。最近流行りの(?)カード番号が裏面に記載された、良い感じのデザインです。

引用元:楽天カードHP

楽天カードは楽天経済圏のへの入場チケット。楽天経済圏の住人の方なら、すでに楽天カードを持っている方がほとんどだと思います。

そんな楽天カードですが、2021年6月から2枚目を作ることが可能に。

すでに楽天カードを持っているのに、さらに追加でもう1枚発行する意味ってあるの?と疑問に思う方もいるんじゃないでしょうか。

ってことで今回は2枚目の楽天カードを作るメリット利用出来ないカードの組み合わせについての紹介です。

2枚目を作るにあたり、利用出来ない組み合わせもあるので、それについても紹介します。

かっこよくなった楽天カードを、もう1枚作るかお悩みの方は参考にしてみて下さい。

⇒楽天カードをチェックする

楽天カードを2枚持つメリット

まずは楽天カードを2枚持つメリットを5つほど紹介します。

1枚目と違う国際ブランド・デザインのカードを持てる

楽天カードは、VISA、Mastercard、JCB、American Expressの4つの国際ブランドから選ぶことが出来ます。2枚目を作る時は1枚目とは違うブランドにしようと思っても、どれを選ぶべきか迷うところ。

簡単にそれぞれの国際ブランドの違いをまとめてみます。

加盟店数

まずは加盟店舗数をネットで調べてまいりました。当然多い方が使えるお店が多くて便利。

VISA Mastercard JCB American
Express
加盟店数約5000万以上 約5000万以上 3500万以上2000万以上

VISAとMastercardが多いですね。ただ、国内利用であればどれもそんなに大差はないと思います。

海外での利用であれば、VISA、Mastercardを選ぶのが無難かと。

楽天Pay、PayPayなどのスマホ決済への対応

最近ガンガン普及が進んでる「〇〇Pay」といったスマホ決済ですが、全てのブランドが使えるわけではないです。主要な決済を4つほどをまとめてみました。

VISA Mastercard JCB American
Express
楽天Pay
PayPay××
GooglePay×
ApplePay×

楽天Payは楽天のスマホ決済だし当然すべてのブランドが利用可能。

PayPayは、ヤフーカード、PayPayカード以外のJCBは非対応。今1枚目の楽天カードがJCBでPayPayが使えないって方もいるんじゃないでしょうか?

GooglePay、ApplePayは American Expressのみ非対応。

こうしてみると、 American Expressが少し使い勝手が悪い印象ですね。

コンタクトレス決済への対応

サインや、暗証番号の入力が不要で、専用端末にクレカをかざすだけのコンタクトレス決済。これにも、対応、非対応ブランドがあります。

VISA Mastercard JCB American
Express
コンタクトレス決済への対応××

「コンタクトレス決済」で言えば4つの国際ブランドすべて対応しています。

しかし、「楽天カードでのコンタクトレス決済」だと、今のところ対応しているのはVISA、 Mastercardの2つ。JCBと American Expressは非対応です。

まぁ、専用端末にカードを差し込めば、当然どれも同じように使えるのであまり気にしない人もいるかもしれませんが。

⇒楽天カードをチェックする

利用目的別にカードの使い分けが出来る

カード別に、利用目的を使い分けることが出来るのも、楽天カード2枚持ちのメリットです。

1枚目のカードと2枚目のカードで利用明細が分かれるの便利。

例えば、1枚目は光熱費、水道代、スマホ代などの毎月使う固定費専用カードにして、2枚目は交際費やその他の変動費したり。

他には、1枚目は普段使い用、2枚目は楽天証券での投資用など、いろいろな使い方が出来ます。

利用明細はそれぞれ分かれるので、毎月のカード利用額の比較が楽になりますね。

「目的別に使い分けるなら、別に楽天カードじゃなくてもよくね?」

もちろんそれでもいいんですが、もらえるポイントがバラバラになりポイントが使いにくくなる可能性があります。

クレカ利用で貯まるポイントは「いかに貯めるか」はもちろん大事ですが、「いかに使うか」も考えながら貯めないといけないと思うわけです。

【楽天ポイント】楽天市場での使用厳禁!「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の違いと使い方

カード引き落とし口座を分けられる

引き落とし先口座を変えられるのもメリットのひとつ。

1枚目の固定費用カードは、給与の振込口座からにして、2枚目の変動費用カードは楽天銀行口座からの引き落としなどにすることも可能です。

2枚目のカード発行時は1枚目の引き落とし口座を引き継ぐので、2枚目を発行後、楽天e-naviから引き落とし口座の変更する必要があります。

楽天ポイントは1つに集約される

楽天カードを2枚持つと、楽天ポイントも別々になりそうですが、2枚目を発行しても楽天ポイントは1つの楽天IDに付与されます。

2枚カードを持っているからといって、もらえるポイントが倍になるわけではないですが、ポイントが分散しないのはありがたいですね。

ちなみに、還元率は1枚目も2枚目も1%です。

券面デザインの種類が豊富

楽天カードには、通常デザイン以外にも、おなじみのパンダデザインをはじめ、ディズニー、FCバルセロナ、楽天イーグルスなどデザインの種類が豊富にあります。

デザインによって国際ブランドが限定されるものもあるので、ちょっとまとめてみます。

VISA Mastercard JCB American
Express
通常デザイン
お買い物パンダ
ミッキー・ミニー×××
FCバルセロナ××
楽天イーグルス××
ヴィッセル神戸××××

これに加えYOSHIKIデザインもあるんですが、残念ながら2枚目としては作れないようです。

⇒楽天カードデザインをチェックする

2枚目の申し込みと利用で1000ptもらえる

2枚目のカードを申し込み、申し込んだ翌月末までに2枚目の楽天カードを利用すると1000ptがもらえます。

楽天カードは年会費無料ですし、1000ptもらえる条件もかなり簡単なので、かなりお得ですね。

⇒2枚目の楽天カードを申し込む

利用出来ないカードの組み合わせ

自分の好きなカードを、好きなように組み合わせることは出来ません。2枚持ちのすることが出来ないカードの組み合わせをまとめておきます。

楽天カード2枚持ちが出来ない組み合わせ

・楽天ゴールドカード、プレミアムカードなどの年会費が有料のカードの2枚持ち

・楽天PINKカードの2枚持ち

・現在のカードが、楽天銀行カードの人(2枚目としても不可)

・現在のカードが、楽天ANAマイレージクラブカードの人(2枚目としても不可)

・現在のカードが、楽天カードアカデミーの人(2枚目としても不可)

私は「現在のカードが、楽天銀行カードの人」なので2枚目が作れません(笑)

作りたい場合は、楽天銀行カードを退会し、再度申し込む必要があるようです。めんどくさいですねー。

楽天銀行カードから通常の楽天カードへの切り替えは、下のリンクにある問い合わせからどうぞ。

楽天銀行カードから楽天カードへの切り替え

まとめ

楽天カードを2枚持つメリットを紹介してきました。

2枚目のクレカも楽天カードにするメリットをまとめると

・国際ブランド・デザインの違うカードが選べる

・毎月の支出の比較がしやすくなり、家計管理が楽になる

・引き落とし口座を変えることが出来る

・もらえるポイントを楽天ポイントに統一でき、さらに1つの楽天IDにまとめらる

・1000ptもらえる

と、作るメリットはいろいろ。2枚目を作るかを検討する価値は十分にあると思いますので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

こちらからは以上です。

⇒2枚目の楽天カードを申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA