【ふるさと納税】北海道中札内村からの返礼品 “訳あり豚肉” が届いたのでレビューしていく

中札内村返礼品

先日、楽天ふるさと納税で北海道中札内村に寄付をさせてもらったんですが、その返礼品として4.2kgの豚肉が届きました。

1000円の4.0kgの豚肉と、10000円の訳あり豚肉4.2kgがありまして 、私が選んだのは”訳あり”のほう。

人気の返礼品だけに、”訳あり”はどうなのか、気になる人も多いのではないでしょうか?

ってことで今回は、中札内村の返礼品”訳あり豚肉”を紹介していきます。

返礼品選びの参考にしてみてください。

”訳あり” と ”訳なし”の違い

まず、中札内村の返礼品には、”訳なし”の豚肉もありまして、その違いがなにかというと、肉の加工時に出てしまう切り落とし肉を集めたものか、そうじゃないかのようです。

訳なしは一枚肉、訳ありはこま切れ肉って違いですね。

まぁ捨てる肉を入れてるわけじゃないし、肉を切る手間が省けるかなー。と思って0.2kg多い訳ありの方を選んでみた次第です。

中札内返礼品

普段4.2kgの肉を一度に買うことなんてないので、届くとその量の多さにちょっとだけビビります。笑

届くまでは2カ月かかる

まずは寄付から、届くまでの期間から。

私の場合、8月10日に寄付、受け取ったのが10月6日。約2カ月ほどかかりました。

ただ、寄付画面にも1か月~2カ月かかるって書いてるので、なかなか届かないことに不安とかはなかったです。

年末の駆け込み寄付の時期だと、さらに届くまでに期間がかかるかもしれません。

中身が小分けにされていて使いやすい

豚肉に限らず肉の返礼品は、いろいろな自治体から選ぶことが出来ますが、数kgで1パックになっているものも少なくありません。

その場合、1度解凍し、小分けにして再冷凍する手間が発生してしまい、なかなかめんどくさいんですよ。

一方、中札内村の豚肉は420gが10パックになっていて一人暮らしの私もかなり使いやすいと感じました。

中札内村返礼品

小分けにされているとはいえ、冷凍の豚肉が全部で4.2kg届きます。冷凍庫に余裕がないと保存しきれないので注意が必要です。

味はどうか?

海外産の豚肉だと、臭みがかなりひどい時がありますが、さすが国産肉、臭みはほとんどありませんでした。

冷蔵庫で1日解凍してみると、こんな感じになります。

ドリップもほとんどなく、訳あり肉によくある「脂身だらけ」ということもないようです。

肉の厚さは結構薄めで、だいたい1mmくらいでしょうか。大きさもスーパーで売っている豚こま肉より、さらに細かくされた印象です。個人的には、最初から一口大に切られてるのでナイスなポイントだと思いました。

キャベツ、小松菜と炒めて、塩とカレー粉で味付けして食べましたが、味は普通に美味しいですね。

まとめ

ふるさと納税で食材を選ぶときは、贅沢目的か、食費節約目的で選ぶかに分かれると思います。

もし食費節約目的で選ぶなら、中札内村の豚肉はかなりおすすめです。なかでも”訳あり”を選ぶ理由は単純に量がおおいことと、こま切れ肉であることでしょう。

訳ありだから美味しくないってことはないので、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

ちなみに現在は同じ寄付額で4.2kgから4.5kgに増量されててちょっとショックでした。笑

中身は500gの物が9パック届くようです。一人暮らしだと、500gは一度に食べきれる量ではないですが、次の日食べれば問題にはならないでしょう。


こちらからは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA