【なにが違う?】三井住友カード「ゴールド」と「ゴールドNL」の違いと「ゴールドNL」がおススメな理由

2021年7月1日から、三井住友カード「ゴールドNL」が登場したわけですが、すでに三井住友カードには「ゴールド」が存在してました。

新登場した「ゴールドNL」ですが、名前にNL(ナンバーレス)と付いているので、カード番号の印字ないことはなんとなく想像出来ます。しかしそれ以外にも、すでにある「ゴールド」となにが違うのか気になりますよね。

私は現在ゴールドNLを使用中。当然カードを申し込む時に、違いはなんなのか、ゴールドと比較した上で、ゴールドNLを選択しております。

「ゴールド」か「ゴールドNL」か?私のおススメはゴールドNLです。

ってわけで今回は「ゴールド」と「ゴールドNL」はなにが違うのか、私が「ゴールドNL」をおススメする理由について紹介していきます。

どっちを選ぶべきか迷っている方は、参考にしてみて下さい。

「ゴールド」と「ゴールドNL」の比較

まずは「ゴールド」と「ゴールドNL」を一気に比較していきます。

ゴールドゴールドNL
券面
申し込み条件満30歳以上
安定継続収入があること
満20歳以上
安定継続収入があること
国際ブランドVisa、MastercardVisa、Mastercard
還元率0.5%0.5%
年間100円利用で1.5%
年会費11,000円
ネット入会で初年度無料
5,500円
年間100万円利用で
翌年以降永年無料
家族カード年会費1人目無料無料
旅行傷害保険
(海外・国内)
最高 5000万円最高 2000万円
ショッピング補償年間 300万円年間 300万円
電子マネーiD、Apple Pay、Google Pay、WAON、PiTaPaiD、Apple Pay、Google Pay、WAON、PiTaPa
追加カードETCカード、家族カード、
バーチャルカード
ETCカード、家族カード
コンビニ3社・マクドナルド
利用での還元率
最大 2.5%最大 5.0%
利用枠~200万円~200万円
SBI証券での
つみたて投資還元率
1.0%1.0%
5万円利用での
ボーナスポイント
×
ドクターコール×
宿泊予約サービス・
ラウンジ無料
家族ポイント
カード発行最短 翌営業日最短 翌営業日

いくつか違いはありますが、大きい所だと年会費、旅行傷害保険の額でしょうか。

この比較を踏まえて、私が「ゴールドNL」をおススメする理由を説明していきます。

「ゴールド」より「ゴールドNL」がおススメな理由

繰り返しになりますが、私のおススメは「ゴールドNL」です。理由が5つあるので、これから説明していきます。

理由1:ナンバーレスだから

おススメの理由1つ目は、ナンバーレスだからです。

ゴールドNLは「ナンバーレス(NL)」というだけあって、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどの印字が一切ありません。

左:ゴールド 右:ゴールドNL 

オモテ面のデザインは、ぱっと見ほぼ一緒ですね。違いといえば、カード左下に名前の印字があるかないかくらい。ゴールドは、ウラ面にカード情報が印字されています。

ナンバーレスカードには、「カード番号などの情報が盗まれない」メリットがあります。

例えば、居酒屋などの飲食店で店員さんにカードを預け、お会計を済ませた経験ないですか?もしくはカードが入った財布を落としたりとか。

その時にカード情報が盗まれるリスクがあります。

まさかそんな…。と思うかもしれませんが、カード情報が盗まれ、ネットショッピングなどで不正利用される被害は実際に起きているようです。

ゴールドNLなら、そういったリスクを下げることが出来るわけです。

理由2:満20歳から申し込めるから

理由2つ目は、満20歳から申し込めるからです。

  • ゴールド…満30歳以上の継続安定収入がある方
  • ゴールドNL…満20歳以上の継続安定収入がある方

ゴールドとの比較からわかる通り、10歳も低い年齢から申し込むことが出来ます。

クレジットカードは「高校生を除く18歳以上」から作ることが出来るので、年齢による制限がほぼないといえます。

審査の合否は別にして、より沢山の人が、年齢制限を受けることなく、申し込みたい時に申し込めるということで、理由の2つめにしました。

理由3:年会費を無料に出来るから

理由3つめは、条件達成で、翌年以降の年会費を永年無料にすることが出来るからです。

  • ゴールド…11,000円
    ・ネット入会で初年度無料
  • ゴールドNL…5,500円
    ・年間100円利用で翌年以降永年無料

ゴールドNLは、年間100万円の利用で年会費を永年無料にすることが出来ます。

ただし、全てが100万円利用の対象になるわけではないので注意が必要です。

マラソン

ゴールドにも一応、カードの利用状況、WEB明細の利用などによる年会費割引特典がありますが、最大でも6,600円の割引。残念ながら、ゴールドNLのように年会費無料にすることは出来ません。

理由4:ポイント還元率がいいから

理由の4つめは、ゴールドNLの方がポイント還元率がいいからです。

  • ゴールド…0.5%
  • ゴールドNL…0.5%
    年間100万円利用で10,000ポイント獲得

基本の還元率はどちらも0.5%で同じなのですが、ゴールドNLは年間100万円以上利用することで、10,000ポイントがもらえます。

100万円利用で10,000ポイントもらえるということは、還元率1.0%ですよね?

つまり、年間100万円利用すれば、基本還元率の0.5%と合わせて、還元率1.5%の高還元クレカに変身します。

100万円の利用は、年会費無料の条件でもあるので、年間100万円(月だと84,000円くらい)使い切れる方はゴールドNLがおススメってわけです。

理由5:コンビニ3社・マクドナルドでの還元率がいいから

理由の5つめは、コンビニ・マクドナルドでのポイント還元率がいいからです。

  • ゴールド…最大 2.5%
    基本還元率…0.5%
    コンビニ・マクドナルド利用…2.0%
  • ゴールドNL…最大 5.0%
    基本還元率…0.5%
    コンビニ・マクドナルド利用…2.0%
    Visa、Mastercardのタッチ決済利用…2.5%

比較すると2.5%の違いがあります。この違いは、Visaタッチ決済、Mastercardコンタクトレスの利用での2.5%還元があるか・ないかです。

ですので、ゴールドNLでの決済でも、Visaタッチ、もしくはMastercardコンタクトレス決済しないと5%の還元になりません。ご注意ください。

2.5%の差は結構大きいですよね。コンビニ・マクドナルドをよく利用する人ならゴールドNLがお得です。

以上が私がゴールドNLをおススメする5つの理由です。次にゴールドのメリットを見てみます。

ゴールドのメリット

今までは、ゴールドNLをおススメする理由を紹介してきましたが、ゴールドにもメリットはあります。

旅行傷害保険はゴールドの方が手厚い

旅行傷害保険は、ゴールドの方が手厚い保証が受けられます。

海外・国内旅行傷害保険
  • ゴールド…最高 5000万円
    自動付帯分…1000万円
    利用条件分…4000万円
  • ゴールドNL…最高 2000万円
    自動付帯分…300万円
    利用条件分…1700万円

旅行好きで、手厚い保証が欲しい方はゴールドがいいかもしれません。

ドクターコールはゴールドのみ

ドクターコールとは、病院にいくほどでもない、医療・育児・ストレス・健康などへの相談が、24時間・365日出来るというもの。

例として

・「胃炎で加療中ですが、どんなことに注意したらよいでしょうか。」
・「赤ちゃんがミルクを飲んだ後、よく吐くので心配です。」
・「最近よく頭痛がし、食欲がなくなって視力が落ちてきたような気がするがどうしてだろう」

などなど。医師、保健師、看護師などの専門のスタッフが対応してくれるみたいです。

私は実際に利用したことがないので、相談に対してのアドバイスは的確か?など、サービスの質に関しては分かりません…。

利用中のカードからゴールドNLに切り替える際の注意点

ここまでゴールドとゴールドNLの違いと、ゴールドNLがおススメな理由について説明してきました。現在利用中のカードから、ゴールドNLへの切り替えを検討してみようと思われた方もいるかもしれません。

ここからは、ゴールド→ゴールドNLへ切り替えた際の注意点について説明します。

カード番号が変わる

カードを切り替えると、カード番号、有効期限などのカード情報が変わります。

公共料金の支払い、スマホ代の支払いなど、定期的な料金支払いにカードを利用している場合は、切り替えたカード情報に再度登録し直す必要があります。

Apple Pay、Google Payも同様に、登録し直しが必要。ちょっと面倒くさいですね。

切り替えにも審査がある

カードの切り替えでも審査があります。審査の結果次第では、切り替えを断られる場合もあるようです。

ただ個人的には、アップグレードではない、例えば「ゴールド→ゴールドNL」、のような切り替えであれば、切り替えを断られることは無いような気はします。審査基準がわからないので、言い切ることは出来ませんが。

発行まで2~3週間くらいかかる

カードの切り替え手続き完了後、カードが発行されるまで2~3週間程度かかるようです。

当然かもしれませんが、切り替えたカードが手元に届くまでは、現在のカードを利用出来ます。

即時の切り替えは出来ないようなのでご注意ください。

ちなみに、使わなくなったカードの破棄方法ですが、ハサミで切れ込みを入れるだけでは危険です。カード情報が判別できないように細かく切って、複数回に分けて捨てましょう。可燃なのか不燃なのかは、自治体によって違うのでご確認ください。

まとめ

まとめです。

今回は、「ゴールド」と「ゴールドNL」の違いと、私がゴールドNLをおススメする理由を紹介しました。

おススメする理由は5つあって

  • ナンバーレスでカード情報が盗まれにくい(ゴールドは裏面にある)
  • 満20歳から申し込み可能(ゴールドは満30歳から)
  • 年間100万円利用で年会費を永年無料に出来る(ゴールドは最大6600円割引)
  • 年間100万円利用でポイント還元率1.5%(ゴールドは0.5%)
  • コンビニ・マクドナルドで5%還元(ゴールドは2.5%)

と、ゴールドに勝る点がかなり多いと感じます。

ゴールドには、旅行傷害保険の手厚さや、ドクターコールなどのメリットがありますが、やはり総合的にみると、ゴールドNLがおススメですね。

カード選びの参考にしてみて下さい。

現在「ゴールド」を利用中の方で、「ゴールドNL」に切り替える場合は以下のページから切り替えを申し込めます。

こちらからは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA