【借金生活まっしぐら】リボ払いを利用してはいけない理由を分かりやすく解説

クレジットカードの決済方法の1つであるリボ払い。

とにかく利用しちゃダメ!とはよく聞くものの、なぜ利用してはいけないのか、その理由が分からない人も多いのではないでしょうか?

今回は、リボ払いを利用してはいけない理由について解説していきます。

リボ払いとは?

クレジットカードには主に、一回払い、分割払い、リボ払いなどの支払い方法があります。それぞれの特徴と手数料(利息)をまとめてみました。

特徴手数料(利息)
1回払い翌月1回で支払う0%
分割払い支払い回数指定して支払う12%~15%
リボ払い支払い額を指定して支払う15%

分割払いと、リボ払いには、手数料という名の利息が必ずかかります。つまりは借金ということです。

ショッピングの時に支払い方法を店員さんに聞かれたら、「1回で!」と快活に答えましょう。

支払い回数を固定する分割払いは、返済の終わりが分かりやすいですよね。指定した回数支払えば終わりなので。

しかし、支払い金額を固定するリボ払いは、返済の終わりが分かりにくいんですよ。

リボ払いで、30万円を毎月1万円支払う設定にしたとします。これ、いつ返済終わるかわかりますか?

答えは3年と2カ月後です。
これだけ長期化してしまうのは、年率15%という、あまりに高すぎる利息のせいです。

借金の利息の相場はどれくらい?

利息15%といわれても、あまりピンとこない人も多いかもしれません。

利息の相場を理解するため、他の借金・ローンの利息と比較してみます。

借金・ローン利息
奨学金1%以下
住宅ローン1%以下
カーローン(銀行系)1~3%
教育ローン1~3%
リボ払い15%
消費者金融18%
カウカウファイナンス
(闇金ウシジマくん)
トゴ
(10日で5割)

こんな感じで、リボ払いの利息は消費者金融とほとんど変わりませんね。

いかに恐ろしい利息なのかよくわかってもらえると思います。

リボ払い元金が大きいほど、当然それにかかる利息の額は膨らみます。返済額を固定するリボ払いでは、毎月の返済のほとんどが利息になり、元金がまったく減らないなんてことにもなりかねません。

ちなみに「トゴ」の年利は1825%(違法金利)。カウカウファイナンスでお金を借りるのはやめておきましょう。

リボ払いの利息の計算方法

リボ払いの利息は、利用しているカード会社によって少し異なりますが、

リボ残高(利用額)×15%÷12カ月

これで1か月の利息が計算できます。

リボ残高30万円を毎月10000円支払う場合の利息と返済期間は

1か月目利息 3750円
2か月目利息 3672円
3か月目利息 3593円
  ~
38か月目利息 103円

利息を合計すると、78,357円。返済期間は3年2カ月になります。(計算あってる?)

78,000円もあったら、旅行行けますよ!

3年2カ月もあったら、生まれたての赤ちゃんでも言葉しゃべっちゃいますよ!

それだけ利息と返済期間がかかるんです!と私は言いたいわけです。

リボの沼から抜け出すには

リボの沼から抜け出すには、とにかく1日でも早く返済するしかありません。

一括で返済出来るなら、一括で返済してしまいましょう。

長引くほど、15%という高すぎる利息がかかってしまいます。

本当に苦しければ、親に事情を説明して、返済を助けてもらいましょう。それくらいリボの沼から抜け出すのは大変です。

まとめ

まとめです。

リボ払いを使ってはいけないのは、

  • 15%という消費者金融レベルの利息。
  • 定額返済のため、返済の終わりが見えにくく、返済期間が長期化しやすい。
  • 長期化するせいで、利息の支払いが増える。
  • 返済のほとんどが利息になり、元金が減らない

といった理由から。

「こんな誰も得しないシステムなんであるの?」と思うじゃないですか。

カード会社が得をするからです。

カード会社から、やたらリボ払いを進められません?リボ払い利用でポイント〇倍!のような謳い文句に騙されてはいけません。利息を払う時点で私たちの損が確定します。すべて無視しましょう。

人生詰む可能性もあるリボ払いですが、それでも、どうしても利用したいのであれば、今回解説した、リボ払いの仕組みを完全に理解した上での利用をおすすめします。(おすすめしないけど。)

こちらからは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA