いまさら聞けない!投資信託ってなんですか?

株式投資と聞くと、

1日中パソコン画面に張り付き

100万円儲けた!

100万円損した…

そんなギャンブルのような、マイナスのイメージありませんか?

こんな漠然とした「株ってなんか怖い」というイメージをもってしまうのは、

株式投資がどんなものなのかを知らないからのはず。

今回は比較的低リスクで出来る株式投資の定番、投資信託を紹介します。

投資信託とは

投資信託とは、

投資家(私たち)から資金を集めて大きな資金を作り、

投資のプロがその資金を、様々な株式、債券に投資して運用する。

そしてその成果に応じて、利益を投資家たちで分け合う。

このような投資方法になります。

投資信託は投資のプロにお金を預けて、様々な、株や債券の入った詰め合わせパックを運用してもらうため、手間もかからず、投資の知識もあまり必要のない投資方法といえますね。

投資信託のメリット

投資信託がぼんやりと分かったところで、メリットを見てみます。

全部プロにおまかせ

投資信託と呼ばれるのはこのためです。

投資のプロを信じて託す。ってことですね。

家を建てようと思ったら、大工さんにお願いするじゃないですか。あれと一緒。

投資家から集まった多くの資金は、日本中、または世界中の、様々な企業の株式や債券などを買い運用します。

これを個人でやろうとすると、かなり大変ですよね。

パソコン画面に張り付いてずっと値動きをみて、買い時、売り時の判断も自分でしなければならないわけですから。

日中仕事の人はほぼ無理ですよね。

しかし投資信託なら、購入後は基本ほったらかしでOKなので、ほとんど手間がかかりません。

これなら働きながら、株のことなど気にすることなく投資が出来ます。

少額(100円)からの投資が出来る

投資と聞くと、やはりトヨタとか、JTとか、パナソニックとかの個別の株を買うことをイメージしてしまうと思いますが、大きな企業の株は100株からの取引になるんですよ。

1株が3000円だとしたら、3000円×100株で最低30万円かかってしまう計算になります。

投資信託は、たくさんの投資家からお金を集めるので、1人あたりの投資額は少なくてすみます。

100円からの投資も可能なため、資金面でも投資をするハードルがグッと下がりますね。

分散投資が出来る

この企業は絶対暴落なんてない!

と未来がわかればいいんですが、未来はだれにも分かりません。

1つの株に多くの資金を投資するということは、それだけリスクがともない、その株が暴落するとダメージをモロにくらいます。

投資信託は、様々な株や、債券が少しずつ入った詰め合わせパック。

パック詰めされた中の、どれか1つの株が暴落しても、パック全体でみれば逆に株価が上がっているものも含まれていたりするので、ダメージは少なくて済むってわけです。

投資信託のデメリット

つづいては、デメリットをみてみます。

運用手数料がかかる

個別株への投資であれば、自分で運用するので、その運用に手数料はかからないんですが、投資信託はプロに運用をおまかせするので、運用手数料が発生します。信託報酬って言ったりします。

株を買うときと、売るときは個別株でもかかるんですが、運用手数料は投資信託のみ。維持費、ランニングコストですね。これを日割りでずっと払い続けます。

そして、この運用手数料こそ、もっとも気をつけなければならない重要ポイント。

この手数料は0.3%だとか1%だとか投資信託ごとに違うんですよ。

例えば、手数料が年1%で投資額が100万円だとすると、毎年1万円を払い続けることになるので、無視できませんよね。

中にはぼったくりみたいな手数料のものもあるのでご注意を。

私の高い・安いの判断ですが、

1.0%~0.7%以上:高い

0.7%~0.4%:結構高い

0.4%~0.3%:普通

0.3%~0.1%:安い

0.1%以下:かなり安い

って感じで、基本的に1%以上のものは買いません。

あくまで私の場合です。参考までに。

大金持ちにはなれない

分散投資によってリスクが小さいのが投資信託のメリットでしたが、その分リターンも小さいのが投資信託の1つのデメリット。

小さなリターンを積み重ね、コツコツ長期の投資をして老後のお金の心配を減らそうぜ!って目的でやるものです。

今すぐ金持ちになれるようなパワーはありません。

元本割れもありえる

比較的安全とはいえ、投資です。マイナスにる可能性も当然あります。

しかし、15年以上の長期の投資であれば元本割れのリスクはほとんどないと言われていますが、当然過去のデータからそう言っているだけで、これからどうなるかは誰にも分かりません。

投資信託は、銀行預金とはまったくの別物。

預金金利以上のリターンを得る代わりに、リスクとして元本割れもあり得るということです。

まとめ

まとめです。

投資信託は、低リスク、低資金で出来る、コツコツ投資型の、いろんな株の詰め合わせパックです。

元本割れの可能性もありつつも、比較的安全に手間もかからず簡単に投資が出来ます。

「知っている」と「経験がある」は全く違います。

ぜひ少額からの投資を始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA